理念



新しい働き方による
日本発 世界向け経営モデルの構築と実践に向けて


企業が新しい価値を創出し続けるためには、組織、そしてそれを構成する社員一人ひとりが、持っている アイデアや気付きを実現しようとする熱い思いが必要不可欠です。 社員一人ひとりが熱い思いを持ち「ワクワクしながら仕事をする」ことは、企業においても個人においても望む姿であり、企業における課題でもあります。

バーチャルハリウッド協議会は、「社員一人ひとりが組織の役割に縛られず、自らの思いの実現に向けて、活き活きと活動することを通じて、逞しい個人を育成する」 「創造的な組織をどのように築き上げるかについて、企業を超えて議論し、新しい経営モデルとして世の中に提言していく」ことを目的に、2006年に発足しました。

この10年で、企業を取り巻く環境の変化は、より一層スピードが速くなりましたが、企業の差別化を図る能力を高め、新たな価値を創出し続けるために、今後もバーチャルハリウッド協議会を通じて、協働・成長関係を築いていただければ幸いです。
バーチャルハリウッド協議会



協議会の目的
[本会規約より]

本会は、組織における新しい働き方・活動を支援する企業内プログラム(VirtualHollywood® 等)の展開を中心とした、 日本発世界向け経営モデルの構築と実践を行い、そのモデルを社会に提言していくことを主眼とし、 事業者・団体などが調査・研究・情報提供などの事業を行うとともに、その普及・啓発活動を通じて、 健全な社会資本の形成に寄与することを目的とする。




協議会の活動
[本会規約より]

本会は、上記の目的を達成するために、次の事業を行う。

 上記の目的に沿ったプログラムの普及・啓発活動
 上記の目的に沿ったプログラムの開発・調査研究
 会員相互の交流活動
 セミナーや研究会の開催
 データベース等による情報提供
 その他、本会の目的を達成するために必要な事業